アイホクグループ

浄化槽維持管理はアイホクグループへ

SCROLL

About

浄化槽とは

建物から出る排水を処理する設備で、その多くは敷地内のマンホール下に埋設されています。
浄化槽の使用には、維持管理(保守点検・清掃・法定検査)の実施や受検が義務付けられており、維持管理業者との維持管理契約が必要です。

浄化槽使用のための3つの義務

DUTY

  • 現在新設される一般家庭用浄化槽(20人槽以下)においては、4ヶ月に1回以上の保守点検の実施が義務付けられています(浄化槽法施行規則、環境省令第6条)。

  • すべての浄化槽において、年1回(全ばっ気方式にあっては6ヶ月に1回)、浄化槽清掃(堆積汚泥の引抜)の実施が義務付けられています
    (浄化槽法第10条第1項)。

  • 年1回の受検が義務付けられており、愛知県の指定する検査機関(西尾張地区は(一社)愛知県浄化槽協会)が実施します(浄化槽法第10条第1項)。

アイホクグループの浄化槽維持管理3つのポイント

POINT

行政の許可を受けた維持管理会社です

㈱アイホクは愛知県の保守点検業登録の他、岩倉市・北名古屋市の市町村許可(浄化槽清掃許可)を持っており、保守点検・清掃を一括でご契約・管理させて頂いています。また、㈱愛北産業では小牧市の市町村許可(浄化槽清掃許可)業者と提携しており、こちらも保守点検・清掃の一括管理を実現しています。行政の許可を持った会社ですので、安心して浄化槽業務をお任せ頂けます。

保守点検に関わるスタッフが全員、国家資格を取得しています

アイホクグループでは、保守点検を行うスタッフ全員が環境省の定める国家資格「浄化槽管理士」を取得しています。また、同じく国家資格である「浄化槽技術管理者」も複数人在籍しており、浄化槽に関わる豊富な知識やノウハウを持っています。また弊社では、浄化槽維持管理業でよくみられる下請け業者への作業依頼は行わず、自社の社員が責任を持ってお客様の浄化槽維持管理にあたっています。

地域密着による迅速対応と低料金

アイホクグループでは、長らく多くのお客様から浄化槽維持管理をお任せ頂けている事により低価格での保守点検の実施を維持できております。また弊社は、創業以来長年培った多数のノウハウをもとに、官庁施設から民間汚水処理施設まで幅広い維持管理業務をお任せ頂いております。